ゆいの会ロゴ

生活支援サービス

助け合いの新しい地域づくり

誰もが住み慣れた地域で最後までいきいきと暮らせる地域を目指して「地域包括ケアシステム」の体制づくりが進められています。
地域包括ケアシステムとは、「医療・看護」「介護・リハビリテーション」「保険・福祉」「介護予防・生活支援」「住まい」の各資源を発掘・整備し、組み合わせながら包括的に提供される仕組み。
大切なことは、専門性が必要な介護はしっかり専門職・事業者が支え、日常の生活支援は、できるだけ住民やボランティアによる互助活動で支えていく。(概要図PDF)

介護予防・生活支援の充実を目指した
生活支援体制整備事業

生活支援コーディネーター

支え合い・助け合いを広めるために、生きがいやふれあいが育まれる居場所づくりや、暮らしの困りごとのお手伝いを住民が中心になって創りだすための仕組みづくりを、行政・社会福祉協議会・包括支援センター・NPOなど多様な機関と協力してすすめ、生活支援サービスの 充実、介護予防の推進を図ります。
1層(市)・2層(中学校区)・3層(コミュニティ・自治会)とエリア別に配置されます。(概要図PDF)

協議体

生活支援コーディネーターをサポートし、互助中心とした地域づくりを住民主体ですすめます。それぞれの分野で助け合い活動を創出し、拡大していきます。

28年度 第1層協議体委員
コミュニティ連絡協議会 居宅介護支援事業所ケアサポートあん
老人クラブ連合会 小規模多機能ホームフェリーチェ
民生児委員童委員協議会 社会福祉協議会
手をつなぐ育成会 高齢者相談支援センター
知多市民をつなぐlinkちた 在宅ケアセンター
(N)あゆみ 健康福祉部福祉課
(N)だいこんの花 健康福祉部健康推進課
(N)地域ぐるみで子育て・子育ちの会こころん 子ども未来部子ども若者支援課
(N)びすた~り 子ども未来部若者女性支援課
(N)地域福祉サポートちた 市民生活部市民協働課
ページのトップへ戻る